HOMEQ&A会社概要サイトマップリンクについて
HOME > 理化学機器の原材料の特徴 > レアメタル > レアメタルの加工方法

レアメタルの加工方法

レアメタルは、基本的にパーツ生産で、小ロットのものから柔軟にご注文をお受けできます。素材の特徴により加工が難しいものがありますが、当社では長年のノウハウと最先端技術により、難しいご要望にも対応できる体制を整えておりますので、お気軽にご相談ください。

レアメタルの加工方法

レアメタルの主な加工方法のうち、当社が長年培ったノウハウを結集させたものをご紹介。特注品など、どんな難しいご要望でもぜひ一度当社までご相談ください。

加工方法 当社の先端技術
研削加工 角穴を入れる技術、公差1/100で端面90度カット技術
ワイヤー加工 スリット幅0.1mm程度まで可能(加工法によっては0.05mmまで可能)
板金曲げ加工 大気中で組織を変えないモリブデン溶接技術、硬質なタングステンの折り曲げ技術
微細穴あけ加工 ドリルで0.1mm程度まで可能
研磨加工 粘性のあるタンタルの研磨技術

※これらの技術は、基本的に他の金属製品(ステンレスやニッケルなど)にも対応できます。



お見積り・お問い合わせフォームお問い合わせ

理化学機器・当社製品への
お問い合わせ・資料請求はこちらから。



お問い合わせはこちら TEL:**tel** FAX:**fax** 三和金属